洋らん専門店 くろやんぎ農園

トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
ネットショップ・オーナー

 サイト内の用語解説

本サイト内には、一般の方には判りにくい用語が使用されています。下記は、判りにくいと思われる用語の解説がしてあります。参考にしてください。
 

【販売サイズについて】
開花サイズ:開花可能な大きさの株ことです。花、ツボミが付いている訳ではありません。
1作開花サイズ:1年間(1シーズン)栽培すると、開花サイズになる大きさの株のことです。
2作開花サイズ:2年間(2シーズン)栽培すると、開花サイズになる大きさの株のことです。

【その他の用語】
オリジナル株:交配によって、新しく作出された株のことで、通常、沢山の兄弟株から選抜され、特に優れた性質をもった株のことを指します。(自然種から選抜された、優れた性質をもった株も同様に呼ばれます)

M C(株):上記のようなオリジナル株を、メリクロンで増殖した、いわゆるクローンされた株のことです。洋ランの世界では、一般的に行われる事で、これにより、高価なオリジナル株と同じ個体を、安価に入手することができます。

オリジナル分け株(分け株):メリクロンでは無くて、株分けによって増やされた、オリジナル株の分け株のことです。

自然種:自生地で採取され、通常、株分けによって増やされた株のことです。

実生(株):(みしょうと呼びます)交配によって、作出された苗のことです。

(x self)、セルフ(株):自家受粉(同一株で交配すること)によって、作出された実生苗のことです。

(x sib)、シブリング(株):同一品種同士を掛け合わせて、作出された実生苗のことです。
(例)C.maxima (‘Black Willow’בMonster Lip’)

ヘゴ付き、コルク付き:ヘゴ(熱帯に自生するシダの一種)板や、コルク板(バージンコルク)に付けられた株のことです。

花径:通常、花の横径(花の端から端まで)のことを言います。当園では、縦径も記載しています。

【花の色】
基本的には、下記の4種類で表記します。(通常、原種に対して使用します)
tipo(チポ):いわゆる普通種のことです。通常、あまり表記することはありません。

alba(アルバ)、album(アルバム):いわゆるアルビノのことです。通常、白い花のことを言います。

semi-alba(セミアルバ):リップのみ赤色(紫紅色)で、セパル、ペタルが白い花のことです。

coerulea(セルレア):ブルーの花のことです。

他にも、下記のようなものもあります。
concolor(コンカラー):セパル、ペタル、リップ共に同じ色の花のことです。

rubra(ルブラ):通常種より、セパル、ペタル、リップ共に濃色の花のことです。

【変種】
花の色ではなく、明らかに通常の個体と違った特徴の花があります。
aquinii(アクイニー):リップと同色の色のクサビが、ペタル先端部から大きく入る花のことです。

flamea(フラメア):ペタルの基部から先端まで、又は、先端部分の中心線に沿って、太めの濃色の筋が入る花のことです。
 

花の部位の説明

 花


コラムは、おしべとめしべがあるところです。
洋ランは、花粉ではなく、花粉塊(かふんかい)と言って、大きめの塊が、先端部の蓋(キャップ)を外すと、4〜8個入っています。
めしべは、先端部分の内側にあり、通常、粘ついています。
この部分に、他の花の花粉塊を付けると、交配完了です。

 

 

葉の下の棒状で膨らんでいるところをバルブと言います。先頭のバルブのことをリード(リードバルブ)と言い、複数バルブある内、後ろの古いバルブのことを、バック(バックバルブ)と言います。(バックバルブを切り離し、新芽を出させた株を、バック吹き株と言います)
株が成熟し、開花可能なサイズになると、新芽の成長に伴って、シースが形成されます。花(ツボミ)はこの中で成長し、やがて、シースを破り花を咲かせます。シースができたら、花が咲くサインです。(例外もあります)

 

花の分解図です。
セパル(萼片)は、ツボミの時、花を覆っている部分です。
上のセパルを
ドーサルセパル。下の2つのセパルを、ラテラルセパルと言います。
花弁は、
ペタルと言います。
唇弁は、
リップと言います。